23 2006年1月

<新年ごあいさつ>

         
 皆様におかれましては、2006年の開幕を心
新たに迎えられた事と存じます。お慶び申し
上げます。
昨年は公明党にとりまして、東京都議選の公認
全員当選と、衆議院選挙の31議席獲得という
結果を勝ち取らせていただきました。
支持者の皆様に、改めて御礼申し上げます。
明年は、統一地方選挙と参議院選挙が予定
されております。その意味におきましては、
今年一年、党として議員として、より地域に
根ざした活動を展開し、皆様にお応えできる
ように奮闘して行く決意です。
公明党議員のモットーでもある、「現場第一主義」に
徹し、果敢に行動して参りますので、宜しくお願い
申し上げます。


1月2日枚方市駅前にて
山下参議院議員と共に街頭演説


<<<公明党トピックス>>> 公明党の主張で少子化対策が充実!!
◆児童手当の支給対象が小6までに!

2006年度予算政府案において、本年4月から子育て支援策として児童手当の支給対象が現行の
「小学3年修了前まで」から、「小学6年修了前まで」に拡大されることになりました。
さらに所得制限を、夫婦と子供2人の給与所得家庭の場合で、約780万円から約860万円まで
(自営業者の場合は約596万円から約780万円に)緩和されます。
この結果、支給率は約85%から約90%に引き上げられます。公明党が連立政権に加わった
1999年度当時の児童手当の支給実績は241万人でしたが、公明党の強い主張でその後、
2000年度578万人、2001年度677万人、2005年度940万人に拡充されており、今回の拡充で
約1310万人の支給対象者となります。
また、昨年の衆議院選挙の党マニフェスト(政策綱領)においても、小学6年生までの拡充と、
所得制限の緩和を盛り込んでおりました。

◆出産育児一時金が35万円に引き上げ!

少子化対策の経済的支援として、出産費用の負担軽減を目的とした出産育児一時金が
本年10月から、現行30万円から35万円に引き上げられることになりました。
公明党は、ここ数年来の出産費用の実態が30万円を大きく上回っていることを踏まえ、昨年4月に
出産育児一時金の増額を求めた約49万人の署名を厚生労働省に提出し、また、昨年9月の
国会において神崎代表と浜四津代表代行が代表質問で、出産育児一時金の引き上げを
取り上げた他、昨年の衆議院選挙の党マニフェストにおいても、50万円への引き上げを盛り込んで
おりました。そのような粘り強い取り組みの中、政府の医療制度改革大綱に出産育児一時金を
35万円に増額することが、明記されました。


市立中央図書館市駅前サテライトがオープン
枚方市駅北口側(関西医科大枚方病院前)に、
図書機能サービスの市駅前サテライトがオープン
しました。
簡単な操作の自動貸出機も設置され、蔵書数は
約15000冊です。
年末年始を除き定休日はありません。
ご利用ください。

*開室時間:月〜金9〜19時  土・日・祝10〜18時   問合せ先:中央図書館 050-7105-8114


国の特別史跡「百済寺跡」の再整備が、40年ぶりに開始されました

山下参議院議員、「百済寺を考える会」の
方と視察
枚方市教育委員会は、百済寺跡の再整備に向けた、
発掘調査の取り組みを開始いたしました。
百済寺跡は、奈良時代に朝鮮半島から移住した
百済一族の氏寺として建立された寺の跡で、非常に
価値のある歴史遺産です。
整備に合わせて、「再整備検討委員協議会」も設置
されました。
現在は史跡公園として市民に親しまれており、
40年ぶりに再整備されることとなりました。
私は市議会において、日韓友好のシンボルとして
再整備されるように、要望して参りました。
山下栄一参議院議員の協力もあり文化庁の
予算措置も図られ、実現されたものです。

2006年度予算要望を中司市長に提出しました
公明党枚方市議団として、昨年11月に中司市長に
2006年度予算要望書を提出いたしました。
市民生活に直結する要望実現に向けて、しっかりと
取り組んで参ります。

昨年12月議会で一般質問をいたしました
(質問事項)
■事務事業評価の在り方と財政効果について
■本庁舎及び本市所有公的施設の受動喫煙
  防止策について
■食育基本法成立に伴う取り組みについて
■介護保険制度改正に伴う取り組みについて
■百済寺跡再整備における今後の方向性について
■裁判員制度への理解、周知について
■住宅耐震化について
■通級指導教室について
■留守家庭児童会室について
■野球グラウンド整備について


Copyright(C)2006 Masanobu Ariyama. All Rights Reserved.