34 2009年4月

 小春日和の日々が訪れるようになり、心弾む季節の到来です。皆様におかれましては、良き日々を過される事をお祈り申し上げます。
 さて、前号でも記述いたしましたが、わが国にも100年に1度と言われる世界規模の経済危機が訪れ、国においては経済対策として、前年度の一次補正予算と二次補正予算がすでに実行され、与党として公明党の
主張が大きく反映された、「雇用対策・中小企業資金繰り支援策」、また、生活者支援策として、「定額給付金・子育て応援特別手当」や「高速道路料金の引き下げ」などがすでに実行され、また、09年度予算・税制法も成立されました。思えばその経済対策も、定額給付金だけが取りざたされ、野党は批判を繰り返し、マスコミ等も経済効果を疑問視するかの報道だけが取り上げられ、世論もその風潮に動かされるかの向きもありましたが、ひとたび国会で成立され、各市町村で実施の運びとなると、定額給付金の話題の報道で溢れ、テレビのワイドショーでも給付金を何に使おうか、との特集なども流され、世論は一変したかのようです。
また、土日祝の高速道路料金上限1000円(ETC利用時)が始まると、自動車で観光などに出向く姿が報道されております。
多くの国民がこの度の経済対策に関心を示され、国民生活や経済に良い影響が生じる事を願うものであります。
また、09年度予算においても、「非正規労働者への雇用保険適用拡大」や「中小企業への雇用調整助成金での雇用維持対策」、また、税制改正では「過去最大規模の住宅ローン減税の拡充」や「環境にやさしいエコカーへの減税」などが、盛り込まれております。
生活者にとって関わりのある施策が切れ目無く実施される中、国の景気対策が功を奏するように願います。
そのような中、枚方市議会の3月定例会においては、前述の国の方針が示される中での、自治体としての実施案件が大きく反映される中で行われました。
財政も緊縮型予算を組む中で、安心の市民サービス確保と共に、円滑に国の施策が実施されるように努めてまいります。

 枚方市でも「定額給付金」「子育て応援特別手当」の支給が始まります
*定額給付金の支給額は本年2月1日を基準に1人12000円(18歳以下・65歳以上は20000円)で、枚方市の申請受付は本年4月6日〜10月6日まで

*子育て応援特別手当は18歳以下の子供(H.2年4月2日以降生まれ)がいる家庭の、第2子以降のH.14.4.2〜H.17.4.1生まれの子供が対象で、支給額は1人36000円

[給付までの流れ]
市から送付の申請書の記入 → 必要書類の同封 → 申請書の提出(返送) → 振込み支給

4月下旬から順次、振込み支給がされます。 現金支給希望の方は、申請書にその旨を記載し別途支給となります。
詳しくは枚方市役所 「定額給付金室」 まで TEL 072−846-2777


 市政トピックス <主張が実現!>
子育て支援策がさらに充実! 新年度から実施されます
公明党市議団として、かねてより要望しておりました、安心の出産・子育て環境の充実への支援策が、本年4月以降実施されます。

@妊産婦検診の助成制度を14回に拡充

<これまで5回>⇒<14回に拡充 妊婦基本検診2500円×13回+歯科検診×1回>
私は昨年12月市議会定例会の質問においても、拡充を要望しておりました。
*詳しくは枚方市保健センター(TEL 072-840-7221)まで

A枚方版「ブックスタート」が開始されます

ブックスタートとは、出来るだけ早い幼児期に絵本などに慣れ親しむための支援策ですが、枚方市においても、1歳の誕生日を迎えた子供に絵本のプレゼントを行います。
今年5月8日に記念事業が行われ、その後、各保育所(園)で月に1回贈呈が行われます。
今年4月以降から1歳の誕生日を迎えた幼児が対象になります。 
*担当 枚方市役所「子育て支援室」TEL 072-841-1221

B「出産育児一時金」が10月より42万円に拡充

公明党の推進で、09年度予算に出産育児一時金の拡充が示されました。
現行の38万円から、42万円(産科補償金制度3万円含む)になります。
また、事前の申請をすると、公的医療保険から一時金を直接医療機関に支払われ、立替払いの必要もなくなります。


●枚方版ワークシェアリングを実施

不況で雇用問題が深刻な中、枚方市役所でも雇用を分け合うワークシェアリングを、今年度において行われます。
市役所業務の時間外勤務を縮減して、任期付職員や臨時職員50数名の募集が行われました。
財源は市職員や議会の給与・歳費カットで捻出され、3月議会において議決もなされました。
私は昨年12月市議会定例会で、社会情勢に合わせて、本市での雇用対策の早急な取り組みを要望しておりました。


●「国の特別史跡 百済寺跡」の発掘調査での現地説明会を開催

平成17年度より、百済寺跡の再整備を踏まえた発掘調査が進められており、第4回目の現地説明会が3月14日に実施されました。
今回の調査結果では、北門とされる場所の柱穴跡が発見され、また、敷地内の北東部に鋳造施設跡が新たに確認されたものが説明されました。
枚方市では現在、発掘調査を踏まえた基本整備構想策定の計画を進めており、私も歴史的価値が非常に大きな観点から、早期再整備を市議会を通じて要望しております。


地域対策に全力投球!!
         要望にお応えしました!
◇街灯が2基設置されました
府道「ラポール枚方」沿いの新町町内に街灯が2基設置されました。

この箇所の歩道は夜間が非常に暗く、付近住民の皆さんから照明の要望があり、鈴木府議会議員と連携を取り、府枚方土木に要望しておりました。 

◇宮之阪2丁目4付近にカーブミラー設置
宮之阪2丁目4付近にカーブミラーを設置しました。

この箇所は府道沿いでT字路になっており、府道に差し掛かる際、左右確認を行い易くするために、枚方市交通対策課に要望しておりました。



Copyright(C)2009 Masanobu Ariyama. All Rights Reserved.