中国地質巡検記

 1987年7月30日-8月13日


 高大な中国大陸は3枚の広大なプラットホーム(広くおおわれているほぼ水平な地層)と,17にもおよぶ細長い褶曲帯からできている。今回の巡検では,中心部に横たわる「揚子プラットホーム」と南東から押し寄せる「華南褶曲帯」の一部を訪れた。「揚子プラットホーム」は震旦紀と呼ばれる8億年前の地層から中生代(三畳紀)の間にほぼ連続的に堆積した浅海性の堆積物からできている。石灰岩,砂岩,泥岩,岩塩が多い。「揚子プラットホーム」は約10億年前の造山運動によってできたものと考えられている。
 今回の巡検では下記の方にお世話になった。
  中国地質科学院宜昌地質鉱産研究所 徐光洪氏,尤徳培氏,曽慶食氏
  成都地質学院 龍学明氏(元新潟大学)


     石灰岩地帯と連蛇層(下部)

   石灰岩帯を流れる長江

       成都地質学院  
     
      鷹村教授と龍学明氏
 

        自貢恐竜博物館

   博物館前の珪化木

         全木材珪化木
 
    自貢市を走る天然ガス自動車

   岩塩汲み上げ装置(自貢市)

      漣痕 (古生層)     

        化石探索(石林)
 
     石灰岩浸食地形(石林)
 
     り江(桂林市)
 
    石灰岩浸食地形(桂林)
 
       桂林にて
 
        広州空港

                             
                                      頭足類(オルドビス紀)         腕足類(ジュラ紀)

「地質巡検記」へ